風俗じゃ所沢アーティスト

今、最後のホームストレッチにかかったところですからね」次の陣痛が来て、風俗嬢リナはいきんだ。次のときも、またその次のときも。「いきむのよ、がんばって。そう、その調子」と、看護婦が言った。ありがちな所沢ばっかり風俗嬢リナは、ありったけの力を振りしぼっていきんだ。デリヘル店長が足をさすってくれているのがわかった。「やめないで」と、風俗嬢リナが言った。デリヘル店長が風俗嬢リナを見つめた。その目には涙があふれ、愛情もあふれていた。まるで光り輝く悪乞という文字が、瞳に浮き出しているかのように、それははっきりと読みとれた。「風俗嬢リナったら強情なんだから。ほんとに、ほんとに強情なんだから」「もう一度、いきんで」と、ドクター・ペリーが言った。大きな所沢の方から風俗嬢リナはもう一度いきんだ。そして、ついにやって来た圧倒的な解政感。「やったぞ」と、ドクター・ベリーが言って、血まみれの男の赤ちゃんを取り上げた。所沢 風俗という名の風俗嬢リナは身を起こそうとしたが、あと少しというところで、力が尽きてしまった。「赤ちゃん、大丈夫ですか?」「ええ、すばらしい赤ちゃんですよ」涙が風俗嬢リナの顔を流れた。が、風俗嬢リナは同時に笑ってもいた。ドクター。ベリーが風俗お客を看護婦に渡し、看護婦は風俗お客を部屋の向こう側に抱いて行った。風俗嬢リナは笑うのをやめた。「でも、あの子、泣きもなんにもしてないけど」「なんで泣くことがあるんです?」と、ドクター。ベリーが言った。「ちゃんと呼吸をしています。それががいなことでしょう」医師の最後の言葉で、ふと思いついた。「デリヘル店長、手と足の指を雑毒して」「ちゃんと十一雀すつあるわ」デリヘル店長はそう言うと、身をかがめて、風俗嬢リナの額にキスした。「とびきり優秀なコーチですね」と、看護婦が言った。

Categories
Bookmarks